サプリメントの効果をアップさせる飲み方

サプリメントの効果をアップさせる飲み方

近年、サプリメントを利用する人が増加しています。どういった飲み方が、サプリメントの良さを引き出すでしょう。

 

サプリメントを使う以上は、サプリメントの良いところをしっかり引き出したいものです。

 

サプリメントの効果をアップさせる飲み方で大事なことは、常温のミネラルウォーターで飲むということです。

 

水は胃を刺激して活発に動かしてくれる働きがあります。

 

胃が働けばサプリメントが細かく砕けて腸に吸収されやすくなるのです。

 

ただし水道水はカルキを含んでいることもありますし、冷やした水では飲んだ時に胃がびっくりしてしまいます。

 

カフェインやタンニンを含む飲料は使うべきではありません。

 

基礎的な事柄を大事にするということが、サプリメントの賢い飲み方であるといえるでしょう。

 

量を増やせば、吸収されるサプリメントの有効量も増えるというものではありません。

 

取り扱い説明書の内容をしっかり守ることが、正しい飲み方といえます。基本的な飲み方をしっかりと守るようにしましょう。

 

サプリメントを飲むタイミングも効果的な飲み方に影響してきます。

 

サプリメント摂取の一番良いタイミングは、食後30分以内です。食前よりも食後のほうが胃にも優しいのでおすすめです。

 

効果を得るためには、最低でも3か月は飲み続けることも重要です。

 

正しいサプリメントの飲み方を一定期間続けて始めて、体への効果が現れるようになると言われています。

コレステロール値を上げにくい食生活

毎日の食事の内容に問題があるために、コレステロールの値が高くなっている人がいます。

 

コレステロールの上昇を抑制するような食事のメニューにすることが、健康増進のポイントであるといえます。

 

どのような食事をすると、コレステロールの上昇を抑制することが可能なのでしょう。

 

血液中のコレステロールを意識する場合、コレステロールを含む食材を気にかけがちですが、実際はあまり影響はないとされています。

 

食品に含まれていたコレステロールで、血液にいくものは1割程度で、血中のコレステロールの90%は、肝臓でつくられたコレステロールです。

 

コレステロールを効果的に下げるには、食事でコレステロールを多く含んだ食品を避けるよりもコレステロールを、合成させにくい食品を増やすことがポイントになります。

 

食事内容に応じて、肝臓でできるコレステロールの値は違ってきます。どの程度の脂肪量を摂取したかが大事です。

 

肝臓がコレステロールをつくる原因になる物質として、主に挙げられるものが、飽和脂肪酸です。

 

不飽和脂肪酸は、コレステロール量を増やしません。脂質の多い肉類、チーズ、バター、チョコレート、ポテトチップなどの食材が、飽和脂肪酸が多いといいます。

 

豆腐、胡麻油、青身の魚は、不飽和脂肪酸が豊富に存在します。食事を行う時には、飽和脂肪酸を多く含む食材はできるだけ使わずに、

 

不飽和脂肪酸を含む食事を意識して行うようにすると、コレステロールにいいでしょう。

 

血中コレステロール値が気になる人は、コレステロールを挙げるような食事はできるだけしないほうが無難です。

 

最初は難しいと思うので、食事の時にはコレステロールの合成を促す食品かどうかなど少しは意識する事から始めましょう。