疲れ目効果ブルーベリーサプリメントで摂取

疲れ目効果ブルーベリーサプリメントで摂取

目にいいサプリメントとして人気があるものに、ブルーベリーがあります。

 

ポリフェノールであるアントシアニンが、ブルーベリーには豊富に存在します。

 

アントシアニンは赤ワインからも得られる栄養素です。アントシアニンはブルーベリーの紫色素で、眼精疲労の改善効果があるといいます。

 

長時間パソコンを使っていると、かすみ目やドライアイが起きたりします。ロトブシンという目に存在する成分は目を使いすぎるとうまく機能しなくなってしまいます。

 

アントシアニンはロドブシンを活性化させる働きがあるのです。

 

サプリメントでブルーベリーの成分が注目されているのは、アントシアニンにこういった働きがあるからだといいます。

 

ブルーベリーから摂取できる栄養素は、目の疲れからの回復にはいいですが、視力がアップするわけではありません。

 

摂取すれば視力がよくなると言わんばかりの書き方をしているブルーベリーサプリメントもありますが、用心した方がいいでしょう。

 

サプリメントは薬では無いので、視力の低下で悩んでいる人はサプリメントに頼らず、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

サプリメントとは、日ごろの食事だけでは足りない栄養素を補給することが目的の商品です。

 

サプリメントは何らかの効能があったり、治療に使ったりというものではありません。

 

ブルーベリーサプリメントで注目されているアントシアニンは食品からも摂取することができます。

 

日々の食事を見直して、目にいい成分を摂取することで、サプリメントに依存しない目の疲れ対策ができます。

サプリメントを飲むタイミングについて

サプリメントの飲む時間帯が不明なことが、飲み方の中で最も困ることだという人がいます。

 

多くの場合は、食後30分以内が推奨されています。薬でも、食後30分以内に飲むものがありますが、理屈は似たようなものです。

 

食事のすぐ後にサプリメントを飲むことで、食べたものと一緒にサプリメントの成分から体の中に吸収され、効果を発揮します。

 

胃に物が入っていない時に飲むと、胃に負荷がかかってしまうというサプリメントもあります。

 

もしも、飲む時間がはっきり書かれていないサプリメントを飲むのなら、食後30分以内が適切だとされています。

 

食後であれば、普段、薬を飲む時と同じ時間になりますので、覚えやすい飲み方ということになるでしょう。

 

ただし、飲み方が似ていても、サプリメントと薬とは異なるものです。

 

飲み合わせの悪いサプリメント同士を飲んだり、薬とサプリメントを飲んだりすることがないように要注意です。

 

サプリメントによっては、薬の効果に干渉するものもあります。

 

一緒に飲んでも問題のないものか、薬を飲んでいる人は、かかりつけのお医者さんに聞いてみるのもいいでしょう。

 

薬のような薬効はサプリメントにはないですが、薬の効果を変える可能性があるということは、知っておく必要があるでしょう。

 

食事だけでは不足している栄養を補給することがサプリメントではできますが、

 

飲み方を誤ると、結果的に健康によくない影響を及ぼすことがありますので、気をつけてください。